忍者ブログ
プロフィール
HN:
きっずはぁと
性別:
非公開
P R
[1]  [2]  [3]  [4

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

脱出作成、まったりと・・

久しぶりの更新です。

長らく脱出から離れ、リアル仕事に追われる毎日を送る中
またまた突然に閃いてしまいまして、少し描きはじめました。

描いてる途中の画像がこちら

進行状況
※地面も無い&全体的な陰影もまだまだ入らないペッタンコ画像です(^^;

和風テイスト入ってますね~
はい、そうです
巫女の続編を思いついてしまったのです。

続編と言いましても
閃いたストーリーを忠実に作ると
これで完全な完結になるんですけどね。(笑)

今回の舞台は平安京の建物をモデルに作っているのですが
これが中々に複雑な作りで、前回の数倍も細かい作業になっています。

そこで、仕事の忙しさと画像の懲りすぎに自分で挫折して
しまう前にと、進行状況を報告する事にしました。
※先に手がけた画像ほったらかしで何してるんだか(^^;

相変わらずのマイペース作業ですが
きっずはぁと、一応進み始めました。

拍手[0回]

PR

猫の出てくる脱出を・・

前から手がけてる作品を休憩して
我が家の猫をモデルに脱出を作ってみました。
行かないで!

この猫が主人公なのですが、
ちょっと怒って見えるかな?

実は、飼い主が猫さんを置いて出かけようとしてるので
怒って鍵を渡してくれないのです。

この子から鍵をもらって
出かける事ができるかな・・?

ゲームがこちらから⇒ いかないで!

思い立ったら。。
て事で、1週間で作った作品なので
何処かにバグがあったら報告してくださると
うれしいです。

拍手[0回]

近況報告

お久しぶりです。

巫女をアップしてからはや
数ヶ月が過ぎようとしていますが

新作(?)の、進行状況といいますと
こんな感じ。。

1画面

はい、前回報告から、なんと
箱が1個増えただけです・・ヾ(ーー )ォィ

シナリオ的には、なんとなく出来ているのですが

どうも燃え尽きてしまってるようで
絵を描くという気分になれないようです。

気分が乗ってると、ズバババ~~!
と描く方なんですけどね~~?

エネルギー補充に今しばらくマッタリしてようかな?(笑


機能停止

拍手[0回]

次の脱出なるか?

またまたレンガ造りの部屋を描いてみました。

レンガ6a

で、ランプを追加してみると・・

(クリックで大きくなります。)
レン

画像を描いてみてそれからイメージを膨らませていく方なので
設定はな~んにも決まって無いんですよね。

ただ考えた事というと
前回リアル系な画像になってたので
今回は画風を変えてみました。

ここからどんな世界を広げていこうか・・
・・・( ̄  ̄;) うーん

拍手[0回]

コケシはこう描きました。

巫女に出て来るアイテムの
こけしの描き方をアップしてみました。


木目のテクスチャでこけしの形をかたどります。
こけし1

別のレイアーで、こけしの模様を描きます。
こけし2

次は、
木目に立体を出す為に光を加えるのですが、
これも別レイアーを準備し
色を描き加える前に、レイアーの設定を変える必要があります。

新しく追加したレイアーの上で右クリックをすると
下のような表示が出ます。
こけし3

上の表示内の設定をクリックすると
合成方法を指定する欄が出てきます。

そこで「ハイライト」を指定します。

こけし4

ハイライトを指定したレイアーで
白を薄く乗せると、滑らかな光沢を表現しやすくなります。

こけし5

上で作ったレイアーを
木目レイアーとこけしの模様のレイアーの間に置くと
下のような画像になるわけです。

こけし6

光る部分が在れば
影になる部分も在るということで
次に、影を入れるレイアーを
設定します。

先ほどの光のレイアーと同じに
レイアー設定を開き、今度は乗算に設定を合わせます。

そうする事で、下に重なる木目やこけしの模様を
完全に消してしまわず
リアルな影を表現しやすくなります。
こけし7

影を付けた画像がこちらになるわけです。
こけし8

ですが、実際に乗せている色は
下のパレットの白い○に囲まれた色なので
こけし9

設定を変える前の「重ねる」の設定だと
実際はこんな色をぬってる事になります。
       ↓
こけし10

仕上げに、またまた別レイアーで
一番上になるレイアーを準備し、
「ハイライト」を指定して光を加えたら
出来上がり。
こけし11


以上、ピクシアでの自己流こけしの描き方でした。

拍手[0回]



忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne